不動産投資で資産を倍の倍に【賢い投資どっとこむ】

不動産

運用方法のノウハウ

一億円を運用する方法にはいろいろある

男性

もし一億円あった場合、その運用する方法はいろいろあり、工夫することによってリスクを抑えながらリターンを得ることができます。 一億円あれば、実物不動産への投資としてアパートの一棟買いも可能です。安定的な家賃を収入を得ることがにつながりますが、空室リスク等を抱えることになります。 また、金融資産で一億円を運用する場合、そのリスクとリターンのバランスによって結果が大きく変わるでしょう。預金に預けると倍になるまでには今の金利水準だと3000年以上かかることになりますが、元本は確保されます。株や投資信託で運用すれば数倍になる可能性もありますが、数分の一になる可能性も否定できません。但し、一億円あるからこそ買える金融資産も存在しますので、それを上手く活用することで有利な運用ができるでしょう。

一億円あったらどう運用しますか

もしも一億円が手元にあったらどのように運用しますか。考えてみたいと思います。 まず卵はひとつのカゴに盛るなという格言にもあるように、ひとつの金融資産に全額投入するというのはリスク分散の観点からするとナンセンスです。もちろんひとつの金融資産の知識が豊富で自信があるという方は例外ですが、それでも金融資産の銘柄は複数に分けて運用すべきだと思います。 先述しました分散投資についてですが、一億円をどのように運用していくかを考えていきます。まず相対的な見方ですが、安全資産とリスク資産が存在します。前者はローリスク・ローリターンの金融資産で定期預金や国債、社債のような債権が代表例です。後者はハイリスク・ハイリターンの金融資産で株式は代表例です。一億円の半額にあたる五千万円を安全資産とリスク資産に振り分けるのが一般的ですが、このあたりは個人がどれだけリスクを許容できるかによります。 とはいえ一億円の運用ともなると、株式を配当目的で購入しても配当金の額は多くなりますので、株高の現状では大企業の配当の高い銘柄を購入するというのが無難かつ安全な戦略ではないでしょうか。

Copyright (c) 2015 不動産投資で資産を倍の倍に【賢い投資どっとこむ】 All rights reserved.