不動産投資で資産を倍の倍に【賢い投資どっとこむ】

不動産

節税の賢いやり方

サラリーマンの節税方法

電卓

サラリーマンが会社から得た給料には所得税が課税されます。所得税を節税する方法は、サラリーマンの場合、個人事業をしている方に比べると少なくなってしまいます。しかし、節税方法がないわけではありません。 例えば、所得控除を利用した節税方法があります。所得税は、収入からその収入を得るために発生した経費を控除し、さらに各種所得控除を引いて、所得税率を乗じることで計算されます。サラリーマンの場合、会社が所得税の納付をしてくれますが、その方法の場合、適用できない所得控除があります。例えば、医療費控除ですが、この所得控除は自分で確定申告しないと適用を受けることができません。このような所得控除は他にもあります。 これらを利用すればサラリーマンでも節税することが可能です。一度調べてみましょう。

サラリーマンが節税するには

サラリーマンは、税務署にとってはとてもありがたい存在です。彼らの給与収入に対する所得税や住民税は、全て会社を通じて納税されているので、決して脱税することはできません。 サラリーマンの税金は給料から天引きされているので、自分がいくら税金をおさめているかを知らない人も多いでしょう。しかし、サラリーマンといえども、節税を意識して、本来支払うべきでない税金は支払わないようにすることが、家計を守るためにも重要なことです。 サラリーマンには扶養控除などの節税制度があるので、配偶者や子供、年金暮らしの両親などは、収入によっては扶養家族とすることで節税を図ることができます。また、一年間に一定額以上の医療費がかかった場合にも税金が戻ってくることがあるので、こうした制度を利用して節税に努めましょう。

Copyright (c) 2015 不動産投資で資産を倍の倍に【賢い投資どっとこむ】 All rights reserved.